プログラミングが時間の無駄になってしまう人の特徴

プログラミング

プログラミングの勉強してみたいけど、自分でもできるかなあ…。

頑張っても身につかず、時間の無駄になるのは嫌だなあ…

 

上記のお悩みを解決します。

■本記事の内容

本記事で以下の内容をお伝えします。

・プログラミングが時間の無駄になってしまう人の特徴
・プログラミング学習を時間の無駄にしないためには
・プログラマーやエンジニアの現状

 

■本記事の信頼性

ささそらと
ささそらと

この記事を書いている私は、プログラミングを仕事として始めて10年以上ほど経ちます。
今も現役のシステムエンジニアです。

今、独学で勉強しようと思われている方、もしくは独学で進めている方。
自分の勉強はちゃんと意味あるものなのかお悩みの方に本記事を書いてみました。

 

何事もそうですが、なんとなく勉強していても、結果身についていないことがあります。
多少なりとも今の勉強が意味あるものにし、いずれ目に見えた結果として表れてほしいと思いますよね。

 

本記事では、プログラミングの勉強が時間の無駄になってしまう人の特徴とそうならないための対処方法についてお伝えします

プログラミングが時間の無駄になってしまう人の特徴

はじめにプログラミングの勉強が時間の無駄になってしまう人の特徴を書いていきます。
よくある原因ですが、対処法も書いていきますので、自分が当てはまるか確認してみましょう。

暗記しようとして挫折

今まで学校の勉強をされてきた方だと、何か新しいことを勉強しようとすると暗記から入ることが多いかと思います。

確かに記憶することも大事ですが、すべてを暗記するのは時間の無駄というよりも効率が悪いです。

例をあげるとすると車を運転したいとします。
あなたは運転方法を覚えればよくて、無理に車の仕組みをすべて知る必要はありません。
エンジンがどういう仕組みなのかや、車の中身が具体的にどうなっているかなどです。
目的が運転することなのであれば、アクセル踏めば車が前に進む、ブレーキを踏めば車が止まるなどの使い方を知っておけばいいはずです。
プログラミングには、いろいろな分野があって突き詰めると難易度が跳ね上がります。
いきなり、すべてを暗記しようとすると量の多さと内容の複雑さに自信を無くします。
何も覚えなくてもいいとまでは言いませんが、必要な部分を自分に目的にそってそれが自分で使用できるところまでざっくり記憶して、どんどん次のステップに進んでいきましょう。
もちろん、きっと忘れてしまうと思いますが、忘れたらまた調べればいいのです。
試験勉強とは違い、プログラミングで仕事するときは本やネットを使用してはいけないということはありません。

目標もなく、なんとなく勉強を始める

目標もなく、なんとなくプログラミングの勉強をしていませんか?

なんとなく勉強していると、自分の気分次第でなんとなくやらなくなっていきます。
なんでもいいので目標を作りましょう。

まずは1つ大きな目標立ててみるといいです。

例えば、プログラマーとしてどこかの会社に就職する!とか、自分でスマホアプリを作ってAppStoreにリリースする!などです。

 

その次に上記目標を達成するための小さな目標を立てていきましょう!
はじめはパッと思い浮かばないかもしれませんが、例えばプログラミングに慣れるために毎日1時間の勉強を1カ月続ける!みたいなものです。

 

というように目標を立てておけば、自分のプログラミングの勉強が自身の目標に向けてどのように進んでいるかが明確になっていきます。
目標達成できれば、達成感を得ることもできますし、達成できなかったとしてもその失敗から次に活かせることもたくさん見えてくるはずです。

 

目標立てずに勉強してしまうと上記のような気付きもなく、今行っている勉強が意味あるものなのかそうでないのかが判断できなくなります。

 

向上心がない

プログラミングですが、先ほどお話した通り様々な分野が存在します。
なおかつ、IT業界は日々進歩していきどんどん新しい技術が増え、今までの知識は陳腐化していきます。

 

最近では、クラウドサービスが流行りはじめたりなど、10年前と比べると大きく変わってきています。

上記のことから新しい分野や技術を日々勉強して身に着ける努力が必要になってきます。

 

これらの内容を自ら進んで新しい知識を学ぶという気持ちがないと、仮に今プログラミングの勉強で知識を身に着けたとしても数年後使えなくなる知識になることも多々あります。(完全に無駄になるとは言いませんが…)
現状維持は後退していると思って頑張りましょう!

プログラミング学習を時間の無駄にしないためには

プログラミング完全初心者の方の場合、何から勉強すればいいか分からないことも多いかと思います。

一番効率が良いのは実務を通して学ぶことです。
いわゆる、実際の仕事を通して学ぶといった感じです。もし、新卒の方であればダメ元で就活してみるのも良いかと思います。
就職できれば、毎月お給料もらいつつプログラミングの学習もできますし。

 

上記以外の方法としては、プログラミングスクールといったものがあります。
学校通うのは費用と時間に余裕がない・・・」と思われるかもしれませんが、時間に関してはオンラインでできたり、スクールによりますがある程度自由に決めれます。
ただ、費用に関しては月20万~30万程度はかかります。

 

おそらく、高額だと感じる方がほとんどだと思います。
ただ、何も分からずに独学で勉強した場合、今自身が行ってる勉強方法がほんとに正しくできているのか不安を抱えながら行うことになります。
おそらく、独学の場合は最短の道にはならない可能性が大きいです。

 

であれば、プログラミングスクールで実績のあるカリキュラムで先生から教わったほうが初学者の場合は効率がいいと思います。プログラミングスクールによっては、現役のプログラマーも在籍しています。
独学で効率悪い時間を過ごすぐらいならお金はかかりますが、スクールのサービスを利用して就職するなり、フリーランスになるなりして、お金稼ぐという次のステップに進んでいくほうがいいでしょう。
就職すれば、月20万~30万程度お給料がもらえると思いますし、フリーランスであれば仕事すればするほど稼ぐことができます。年収1,000万超える方もおられます。

もし、プログラミングスクールの検討を考えたい方は、以下におすすめのプログラミングスクールをまとめています。
無料カウンセリングや無料体験がありますので、一度話だけ聞きに行くだけでも今後のためになるかと思います。

おすすめオンラインのプログラミングスクール 5選!

 

プログラマーやエンジニアの現状

プログラミングで仕事し始めて今も現役のエンジニアとして働いてる私が、感じているところも含めて書いていきます。

 

プログラマーの需要は年々増加傾向にあります。
仕事はあるけど、人がいないということが多々ある感じです。

 

したがって、プログラミングの技術を身に着けて、実績を残していけば基本的には仕事に困らない状態なのです。
今プログラミングの勉強して手に職をつけるのは良いタイミングだと思います。

 

最近では、小学校でプログラミング教育が必須科目になる動きもあり、情報教育が推進されている傾向です。

 

もしかしたら数十年後はプログラマーの数が増えてくるかもしれません。
いずれ競争率が上がってくる可能性があるので、今プログラミングの勉強をしようと思われている方は、今このチャンスを見逃さずプログラミングの技術を身に着けていってほしいです。

最後に

勉強方法にはいろいろありますが、自分にあったものをまず選ぶと良いと思います。
ただ、どの勉強方法を選ぶにしても必ず自分の手でプログラミングをするように意識しましょう。

 

何からはじめたらいいか分からない方は以下の記事で色々まとめていたりするので良ければ見てもらえると嬉しいです。

【現役SEが解説】プログラミング初心者は何から始めればいい?
プログラミング初心者が何から始めればいいか解説しています。プログラミング完全未経験の方だと何から手をつければいいか、始めればいいか分からないことだらけだと思います。そういったプログラミング初心者向けに現役システムエンジニアが解説していきます。効率のいい勉強方法についても記載しております。
【2021年】おすすめオンラインのプログラミングスクール 5選!
プログラミング初心者向けにオンラインでできるプログラミングスクールを2021年版としてご紹介します。各社金額の比較も行っています。各々無料カウンセリングや無料体験の案内も載せてますので、これからプログラミングの勉強を頑張ろうと思われている方の参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました